労務管理セミナー(9/29)のご案内 

●演題:医療機関における労務管理の留意点~スタッフから訴えられる日が来ない様に~

 医療機関に限らず長時間労働は大きな問題であり、様々な社会的損失も生み出すことから、労使双方にとってより良い条件で、労働問題が起きないよう解決するのが望ましいです。労使問題が発生し長引くと、これまで表立ってこなかった問題が露呈したり、労働者がやる気を失ったりします。早期の解決が何より重要です。

 また、「働き方改革関連法」で、「正社員と非正規社員の間の不合理な待遇差禁止」は中小企業でも本年4月から施行されました。例えば、「パートだから」という理由だけで待遇差があると違法とみなされてしまいますが、未だに対応していないという医療機関もあるのではないでしょうか?

 今回は医療機関で特に考慮しなければならない事項を踏まえ、社労士の永田先生に講演頂きます。

●講師:

永田 めぐみ 氏
(鹿児島県社会保険労務士会所属・めぐみ社労士事務所代表)

●参加費: 無料

●日時:

2021年9月29日(水) 19:00~21:00

●参加方法:

オンライン参加のみ(先着90名) Zoomウェビナー
 参加ご希望の方は、お申込み下さい。

●主催: 鹿児島県保険医協会

●案内チラシ:コチラ→ダウンロード

*は入力必須項目です