第65回歯科研究会(12/11)のご案内

●テーマ:「急性期病院における入院患者の歯科管理の実践と効果、および課題

●講師より一言
 少子高齢化社会を迎え,医療介護システムの改革が進められており、医科歯科連携もその中の1つです。周術期等口腔機能管理は2012年に導入され、医科的疾患の治療に際し、適切な口腔管理を行うことにより口腔関連の有害事象を予防、軽減することで、質の高い医療を提供し、かつ治療全体の効率化をはかることを目的としています。今回は鹿児島大学病院での入院患者の管理の現状、症例別の管理の背景、実践と効果についてお話させていただきます。また、近年は医科の主治医から直接、患者のかかりつけ歯科医院宛てに紹介状を出すことが多くなりましたが、一部で問題も生じているため、そのあたりもディスカッションできれば幸いです。

●講師:山口泰平先生 (鹿児島大学病院 歯科口腔ケアセンター 副センター長)

●日時:2021年12月11日 18:30~20:30

●参加費:無料(会員・未入会医療機関の方、どなたでも参加可)

●参加方法

 WEB参加のみ:ZOOMウェビナー

  参加ご希望の方は、

①お名前:

②医療機関名:

③メールアドレス:

④当日連絡のつく電話番号(携帯電話など):

をご記入の上、協会メールアドレス宛にメールを送付下さい。

保険医協会メールアドレス:kahokyou■yahoo.co.jp(■を@に置き換えて下さい)

※下のフォームにご入力いただくことでもお申込できます。

●申込締切日:2021年12月8日(水)

●主催:鹿児島県保険医協会

↓WEB参加申込フォーム